通信制・単位制高校生向けサポート「あいぎふ夢叶え塾」スタート

通信制高校・単位制高校の生徒さんのための個別指導(コーチ)を始めます。

通信制高校や単位制高校の生徒さんの場合、小中学校を不登校で過ごし中学校の学習からやり直したい、あるいは高校が最低限の学科・単元しかやらないため希望の大学進学のための教科を独学で習得したいという生徒さんがいらっしゃいます。自分で学習進めていくことに課題を感じている生徒さんも少なくありません。

また、中学校まで学校に通っていなかった生徒さんは、高校に入って人間関係や生活習慣の変化によるストレスが溜まりがちです。何でも話せる安心できる場所で過ごしながら、勉強に取り組みつつも、息抜きもできる場所が必要です。

共育オアシスでは、オルタナティブスクールあいぎふ自由学校でも大切にしている「学びのサポート」と「コーチング」のノウハウを活かし、そういった高校生の方を対象にコーチングによる心と学習のサポートとして「あいぎふ夢叶え塾」を開設しました。ここでは「否定語」を使いません。また、ギフテッド、2E、発達障害やHSP気質やマルチポテンシャライト気質の子達のそれぞれの特性に合わせた接し方をします。

一般の塾との違いは、昼間通えること、コーチングを主としていること、あいぎふ自由学校の小中学生や生徒と交流できることです。

基本的には「教えない塾」です。コーチングによって意欲や自分で答えを導き出す力を引き出していくスタイルです。教科内容は、Webを活用したり、参考書や問題集を利用しながら自分で学習を進めてもらいます。先生が教えるのは、目的に応じた学習プラン、勉強の仕方、調べ方、ノートの取り方、勉強の進め方です。自分の頭で考えることと、インプット→アウトプットによる知識の定着をサポートしていきます。躓きがあれば、一緒に考えます。心のモヤモヤがあれば、お話を聞きます。先生は「教師(ティーチャー)」ではなく、「コーチ」です。

担当するあやちゃん先生こと高崎コーチは、あいぎふ自由学校の創設者で、塾の先生でもあり、コーチングの講師でもあり、また通信制高校に通う自身の子どもの大学受験のサポートも行っています。子どもたちの自主性と本音を引き出すプロです。

通常の塾の場合は夕方からの教室が多いですが、あいぎふ自由学校開校時間(10時~15時)にあいぎふ自由学校の中で指導します。通信制・単位制高校の生徒さんの場合、昼間の時間帯に空きがある場合が多いからです。

学習した後や合間には、あいぎふ自由学校の生徒と一緒に遊んだり、自分の好きなことをやってもらうこともできます。ボードゲームの会や登山など、あいぎふ自由学校の活動に参加することも可能です。昼間空いている塾や自習室をお探しの方は、是非、ご利用ください。

教室利用による学習やコーチ・カウンセリングは勿論のこと、自宅にいる時でもLINEなどでコミュニケーションを取りサポートします。

料金は一定期間継続することで初めて効果が出るコーチング式指導の特性上、初回は3か月パックとなっております。以後、3か月毎もしくは月会費制となっております。

お子さん一人一人のニーズに対応していきますので、詳細はお問合せください。     

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です