STEAM教育とは

科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、アート(Art)、数学(Mathematics)

の5つの領域を対象とした理数教育に創造性教育を加えた教育理念。
知る(探究)とつくる(創造)のサイクルを生み出す、分野横断的な学びです。

AIやIoTなどの急速な技術の進展により社会が激しく変化しています。
多様な課題が生じている今日、文系・理系といった枠にとらわれず、各教科等の学びを基盤としつつ、様々な情報を活用しながらそれを統合し、課題の発見・解決や社会的な価値の創造に結び付けていく資質・能力の育成が求められています。
文部科学省では、STEM(Science, Technology, Engineering, Mathematics)に加え芸術、文化、生活、経済、法律、政治、倫理等を含めた広い範囲でAを定義し、各教科等での学習を実社会での問題発見・解決に生かしていくための教科等横断的な学習を推進しています。

わたしたち共育オアシスあいぎふ自由学校でも、この教育の重要性や有効性を感じています。
特に低学年時期から取り組むことが大切であると考え、新小1・新小2からのみ入学可能なコースを開設することにしました。

  • 課題を自ら見つける力
  • 物事を多角的に捉え課題解決する力
  • 新しい価値を創造する力

が身に付きます。

義務教育校とは全く違ったアプローチで学習をするスクールです。
特に自然科学や算数に興味のあるお子様、アートが好きなお子様、好奇心旺盛なお子様に向いています。

学びのスタイルは、アクティブラーニング(能動的学習)型。
遊びながら学ぶ、体感・探求型学習です。

教科内容について・・・
小学校の学習指導要領の内容を基としながらも
教科は横断的
単元は縦断的
に取り組みます。

生徒本人の興味関心を重要視し
基本、ドリル等の宿題やテストはなし
小学校学習範囲や内容にこだわらず
楽しく将来に役立つ智慧をどんどん吸収できるように授業展開します

入学から3か月程度は、小学校のような形での”文字を書く・計算する”には取り組まず、まずは沢山の体験と交流を行います。
沢山の体験学習を積んだうえで、2年生・3年生あたりから、タブレットを使い体系的に算数・国語を学びます。

STEAM教育を通じて、知識を身に着けるとともに、将来必要となる社会人基礎力をゆっくりじっくり育みます