私たちは2018年より共育オアシスあいぎふ自由学校を運営してきました。
その前のスクール活動時代、準備室時代を含め、利用者様から月謝等をいただいているとは言え、まだまだ事業として自立できておりません。
クラウドファンディング、応援者による寄付等によって危機を乗り越えながらやってまいりました。
現在スタッフはほぼボランティア状態で、生活費は別の仕事でギリギリ持つか持たないかという綱渡りの自転車操業のが現状。
時として、持ち出しにすらなってしまう月もありました。

本来は、立上げ当初からしっかりと採算を考えた事業計画のもと運営するべきものではあります。
しかしながら、必要を感じ準備も不十分な中での立上げ、前例があまりない中での試行錯誤。ボランティア精神のあまり?月謝を安く設定しすぎてしまいすべての経費が自前になってしまったり、資金繰り等で頭がいっぱいになりすぎて体調を崩してしまったこともありました。
また、途中移転計画の失敗、コロナによる休業や一時的な生徒減少などの中で、目の前の日々に精一杯、という日々が続きました。

それでも、こうして今でも運営できているのは、沢山の方々の応援や期待という後押し、そして必要としてくれている人たちの存在、ここで育ってきた子どもたちの声があったからです。
そして、現在「岐阜のフリースクールといえば”あいぎふさん”ってあるよね」と、知ってくださる方も増えました。
生徒も入れ替わりもありますが、問い合わせや入学も増えてきています。
これまでに、教育委員会や学校との連携を行えるようにもなりました。また、習い事教室等の教室運営されている方のプラスの事業としてのフリースクール立上げのアドバイスなどもさせていただくようになりました。
一度はやめることを考えたこともありましたが、この数年間に築き上げてきたものの大きさ重さを感じ、この活動に全力を注ぐ覚悟を決めたのです。
私たち自身もしっかりと足元を固め、専業としてより質の高い教室運営をするために、事業として成り立つことも含めてリスタートを切ろうとしているところです。
これまでの楽しくも苦しい試行錯誤の中で築き上げてきたものを、子どもたちと共にこれからもっともっと花ひらかせ、社会に生かしていく所存です。

こんな私たちを、是非応援してください!  m(__)m

12月中にはクラウドファンディングも行いますが、現在も皆様の応援支援をお願いいたしております。
私たちは決して単純に金銭の寄付をお願いするつもりはありません。
応援支援してくださる方と、win-win、happy-happyな関係でありたいと思っております。

・STORES共育オアシスサイトでの物品購入(木版画作家さんがチャリティー出品してくださっております)
・”あやちゃん先生によるコーチングセミナー”の購入(企業様向けのコーチングセミナーや人材育成研修も可能です)
・企業様によるスポンサリング(HP、リーフレット、YouTubeなどでスポンサー様を紹介いたします)もしくは相互応援(コラボ)
・アマゾンの欲しいものリストの物品を寄付(届きましたら使用風景などをブログやYouTubeで公開、応援者様と活動の喜びを分かち合い)
などの形で、支援応援してくださいましたら幸いです。