代表 衣笠弘

こんにちは。共育オアシスあいぎふ自由学校代表のひろし先生こと、衣笠弘です。
自分は高校生の時に、あるフリースクールに友達が通っていて、そこによく遊びに行っていました。
そこで出会った代表の方に、「自分のやりたいことをどんどんやってみればいいやん」と言われたのですが、それまで自分は「どうせやりたいことはやっちゃいけない」「夢は見ても叶わないものなんだ」「仕事はやりたくないことを我慢してすること」と思い込んでいました。
けれども、「やりたいことをやってみていい」という言葉に恐る恐る従って、そのスクールでのイベントでバザーを開きました。
そこであやちゃん先生と出会い、一緒に今のスクールを立ち上げたのですが、ラジオに出たり、マルシェに出店したり、”子ども合宿”なるものを企画実行したり、様々な体験を楽しみました。
勿論、紆余曲折、いろんなことがあったのですが、ここは子どもたちの居場所であると同時に、自分の居場所でもあると感じています。

ちなみに、あやちゃん先生とは子どもの頃会っていて(後でわかったことなのですが・・・)、実はあやちゃん先生が当時運営していたキッズパークに小学生の時に遊びに行っていたのです。「キッズパークのようなスクールが創りたい」「遊んで学ぶ」ワクワクします。
それと同時に、子どもたちと自然の中で遊んだり、キャンプやバーベキューをしたり、出店を出したり、そんなこともやっていきたいと考えています。
まだまだ自分も子どもですが、子どもたちと一緒に成長していけたら嬉しいです。

高崎文子

みなさんこんにちは。
エデュテイメント・プロデューサー、あやちゃん先生こと高崎文子です。

私はこの共育オアシスあいぎふ自由学校立上げに関わる前は、コンサート・イベント会社やアミューズメント施設の運営に関わっていました。
ショッピングセンター内のキッズ向けのアミューズメント施設”キッズパークドリームシティー”では、アミューズメント施設でありながら、単なる遊び場ではなく教育と成長につながるアミューズメント&エンターテイメントを意識し、全ての遊びに教育を絡めたイベント、サービスを次々と打ち出してきました。そして、その現場にいたときに、教育とは何か、遊びと成長の関係を考えさせられました。
当時の学生バイトにもある傾向があり、思いっ切り遊ぶ経験をしてきた子ほど、仕事でも様々な能力を発揮してくれていました。真面目に卒なくやってきた子以上に、多少やんちゃだった子たちがグングン伸びたり、学習能力の高い子たちほど遊びも本気だったり、とても不思議に感じたのを覚えています。
また、当時はまだ我が子は不登校ではありませんでしたが、当時から昼間の空いている時間に、不登校の子たちやその親さんが来やすくなるサービスは出来ないものか?と思案していたものです。
我が子の子育てはというと、自由に遊び自分で選択させる子育てを実践してきました。
アミューズメント会社を辞めた後に、次男は不登校になったのですが、学校へ行っていなくても胸を張って世の中に出られるように我が手でしっかりと育てよう、家に籠るのではなく様々な人との関りを持ち、外からの刺激を得られる環境をつくりたい。そのことが、共育オアシスあいぎふ自由学校の立上げの決意をさせてくれました。
長男も次男も”普通とは違う”進路を選択し進んでおりますが、2人とも充実した毎日を送り、親子ともども幸せを感じています。周りからは色々と言われたこともありましたが、成長した我が子を見て、その選択も子育ても決して間違ってはいなかったことを実感しております。
これまで、フリースクール・オルタナティブスクールという教育の枠組みの中でサービス提供を組み立てて来ましたが、やはり遊びと教育の融合”エデュテイメント”の提供こそ私たちの持ち味であることに気づき、原点の思いに立ち返り、今までの仕組みを一新いたしました。
ゆくゆくはかつてのキッズパークドリームシティーのような大きな遊具なども備えた「遊び×学び」の施設と、その中で行うスクール事業というものを実現させるのが私の夢です。
今は小規模な教室で行っている活動ではありますが、一緒に楽しく遊び成長していく仲間に沢山出会えることを願っています。

お気軽にお問い合わせください。080-3685-8784電話受付時間 10:00-21:00
[ 日・祝日除く ]

お問い合わせ