あいぎふ自由学校の様子

今年度、新入生たちを迎え、スクールは毎日子どもたちの笑顔にあふれています。

今年度は小学5年生が特に多いです。

あいぎふ自由学校では、switch等のゲームで遊ぶ生徒が多く、主にフォートナイト・あつまれどうぶつの森・マインクラフトをやっています。マインクラフトをやっている子の中にはPCでMODを入れたり、コマンドの研究をしている子もいます。

ゲームばかりやっていていいの?と思われる方もいるかも知れませんが、ゲームを通じてあっという間に子どもたちが仲良くなり、コミュニケーション能力が格段にアップしています。学校ではほとんど人と話せなかった子も、ここでは「え?どこが人見知りなの?」というくらいおしゃべりで、見学に来た先生や親さんも驚いています。

私たちは、遊びも生活も全ての経験を学びにつなげてしまうプロです。一見ただ遊んでいるだけと思われがちなゲームも、ちゃんと学びや成長に繋がっていることを確認しながら日々のスクールライフを見守っています。

ゲームをやらない子は、他の自分のやりたいことをトコトン探究しています。絵を描くのが好きな子は毎日1日中イラストや漫画を描いていて、作文は苦手でも漫画を描くことを通じて表現の幅を拡げています。

ゲームをやっている子達も、無制限にゲームをやらせてあげると面白い変化が生まれます。好きなだけゲームをやるとある程度のところまでくると他のことにも意欲が湧いていくのです。

公園に行って身体を動かしたり、川に行って生き物観察をしたり、買い物に行ったり、学校へ行ってみたり・・・やりたいことをやって満たされていくと、新たな欲求が生まれてくるのです。

子どもたち同士で影響を与え合っていて、それまでやったことがなかったことを、友達がやっているのを見て新たな興味の窓を開けています。

ここに集う子達はとても先生で優しい心の持ち主。(だから学校や集団が苦手だった)

なので、教えなくても助け合い、励ましあい、信頼しあい、これまで怖かったことも乗り越えていけるようになっているんですね。

共に育ち育てあう空間。私たちスタッフも心穏やかに楽しく過ごし、そして成長しています☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です